メニュー

基幹強化型地域包括支援センター - 長岡京市社会福祉協議会

基幹強化型地域包括支援センター

東地域包括支援センター(基幹・強化型について)

長岡京市では日常生活圏域(中学校区)ごとに地域包括支援センターがあり、地区ごとの地域包括支援センターとは別に基幹型及び機能強化型(基幹・強化型)の地域包括支援センターを長岡京市社会福祉協議会が受託しています。
基幹・強化型の地域包括支援センターでは下記の事業を重点的に行なっています。

 

地域ケア会議の充実

「地域ケア会議」は、高齢者個人に対する支援の充実と、それを支える社会基盤の整備とを同時に進めていく地域包括ケアシステムの充実に向けた手法です。
長岡京市では、市内全域を対象とした「包括ケア会議」、校区ごとに実施される「地域ケアマネジメント会議」や「地域ケア推進会議」を実施しています。 

医療と介護連携の推進

医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が、住み慣れた地域での自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、在宅医療と介護を一体的に提供することが必要です。そのため、医療機関と介護事業所等の関係者の連携を推進することを目的に、関係機関とのネットワークづくりを行なっています。
医療介護連携マップとして地域内の医療、介護の機関をまとめたものを作成していますのでご活用ください。

医療介護連携MAPはこちら(PDF)

認知症施策の推進

認知症になっても安心して住み慣れた地域で生活が続けられるように、様々な事業や啓発活動を行っています。
具体的には、認知症を正しく理解し応援者となる人を増やす「認知症サポーター養成講座」の開催、専門的なチームが集中的に支援を行うことでより早期に認知症の方の支援を行う「認知症初期集中支援チーム」を運営しています。

認知症サポーターについてはこちら認知症初期集中支援チームについてはこちら

生活支援体制整備事業

長岡京市では、地域住民が主体となった生活支援・介護予防サービスの充実を図るため、生活支援体制整備事業を実施しています。
具体的には「生活支援コーディネーター」と「協議体」を設置し、「生活支援コーディネーター」が「協議体」のネットワークを活かしながら、地域の互助を高め、住民主体のサービスが活性化されるよう、地域全体で高齢者の生活を支える体制づくりを進めます。
東地域包括支援センター(基幹・強化型)には4名の生活支援コーディネーターを配置しています。
地域でのお困りごとやお気づきのことはお気軽にご相談ください。

協議体と生活支援コーディネーターについて

問い合わせ先

長岡京市東地域包括支援センター

電話

075-963-5508

FAX

075-958-6909

Eメール

hokatsu@nagaokakyo-shakyo.jp

Copyright © 社会福祉法人長岡京市社会福祉協議会 All Rights Reserved.