メニュー

新型コロナウィルス感染症の影響による 一時的な資金の緊急貸付に関するご案内 - 長岡京市社会福祉協議会

お知らせ(権利や生活のこと)

新型コロナウィルス感染症の影響による 一時的な資金の緊急貸付に関するご案内

社会福祉協議会では、資金の貸付と必要な相談支援をおこなうことにより、安定した生活を送れるようにすることを目的に、 低所得世帯等を対象に生活福祉資金貸付事業を行っています。 本制度につき、新型コロナウィルス感染症の影響を踏まえ、貸付の対象世帯を低所得世帯以外に拡大し、 休業や失業等により生活資金でお悩みのかたにむけた、緊急小口資金等の特例貸付を実施します。 

【緊急小口資金】休業者向け

・貸付対象は、新型コロナウィルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための
 貸付が必要な世帯(従来の低所得世帯に限定した取扱を拡大)。

・貸付上限は、原則10万円以内(学校等の休業等の特例20万円以内)。

・据置期間は、1年以内。

・償還期間は、2年以内。

・利子は、無利子。

【必要書類】

・身分証明証、直近3ヶ月の給与を証明するもの及び減少した(減少する)給与を証明するもの、
・住民票(世帯全員分)

 【総合支援資金】失業者向け

・貸付対象は、新型コロナウィルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、
 日常生活の維持が困難となっている世帯(従来の低所得世帯に限定した取扱を拡大)。

・貸付上限は、二人以上世帯 月20万円以内、単身 月15万円以内(貸付期間、原則3ヶ月以内)。

・据置期間は、1年以内。

・償還期間は、10年以内。

・利子は、無利子。

【必要書類】

・身分証明証、離職票等または減少した給与を証明するもの、
・住民票(世帯全員分) ※雇用保険受給の有無が分かるもの

ご確認ください

※自営業やフリーランスのかたの場合は、31年確定申告および当月の帳簿や銀行の通帳の写しの提出を求めることがあります。

※いずれの貸付も、休業や失業等に至ったことと新型コロナウィルス感染症との関係をお聴き取りしながら申請を進めていきます。

※総合支援資金の申請には、「長岡京市福祉なんでも相談」による支援を受付け、継続的な支援を受けることが要件となります。
「福祉なんでも相談室」のリンクはこちら

※借用書取り交わしには、実印および印鑑登録証明証が必要です。

※その他、必要書類の提出を求めることがあります。


  icon 4b 128「一時的な資金の緊急貸付に関するご案内」パンフレット

 

問い合わせ先

長岡京市総合生活支援センター 地域福祉係

電話

075-963-5508

FAX

075-963-5509

Eメール

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

Copyright © 社会福祉法人長岡京市社会福祉協議会 All Rights Reserved.