災害ボランティア講座
 
  (3回連続講座)

  もし、長岡京市で大きな災害が起こったら・・・
  私たちは、どうすれば良いのでしょうか?

  近年、多発する災害。
  災害ボランティア活動は、発災後の地域の復興に不可欠な存在になってきています。
  災害ボランティア活動は、被災した家屋の片付け、子ども達への心のケア、避難所支援、
  専門的な知識を必要とする活動など多様にあります。
  今回の講座は、復興に不可欠な災害ボランティアと災害ボランティアセンターの機能や役割に
  ついて学び、長岡京市に起こるかもしれない大災害に備え、住民同士で助け合える関係づくり
  を目指し行います。
       
  
    日時・場所
  1   平成30年9月29日 土曜日
     午後2時から4時
     場所:長岡京市中央公民館3階ホール

    防災講演会
    「住民主体の避難場所運営と災害にもつよいまちづくりから熊本地震
     避難所運営の現場から」
   
   講師:神保 勝己 氏
       (熊本YMCA副総主事本部事務局長)

 2   平成30年10月20日 土曜日
    午後1時30分から4時
    場所:きりしま苑3階大会議室

   「災害ボランティアと災害ボランティアセンターとは?」

   講師:京都府災害ボランティアセンター
       長岡京市ボランティアセンター

 3  平成30年10月28日  日曜日
   午前9時から正午
   場所:長岡第二中学校

   災害ボランティアセンター設置・運用訓練の実施


  対象:長岡京市在住・在勤・在学でテーマに興味があり、3回連続で参加ができる方
  ※2回目のみの参加も可能です。  お申込み時に、ご相談ください。

  定員:30名   参加費:無料
 ※手話通訳・要約筆記など必要なかたは、お申込み時にお伝え下さい。
  
   

主催:長岡京市社協ボランティアセンター/社会福祉法人長岡京市社会福祉協議会
       申込み・お問合せ
  総合生活支援センター 長岡京市災害ボランティアセンター
 電話番号 963−5508 ファックス 963−5509

 


トップページへ

カラーページへ

メールはこちら