「第3次 地域福祉活動計画」を策定しました。


平成26年度から平成27年度までの策定期間を経て、「長岡京市社会福祉協議会
第3次 地域福祉活動計画」を策定しました。
 この計画(平成28年度から32年度までの5カ年計画)は、本会の使命である「地域福祉の推進」を
果たすための羅針盤となるものであり、計画の基本理念を目指し、今後も、地域・住民が
主役の福祉コミュニティ作りを進めていきます。

「基本理念」
一人ひとりが大切にされ、人と地域がつながる福祉のまちづくり
だれかの課題は みんなの課題。

「基本理念のキーワード解説」

「一人ひとりが大切にされ」
一人ひとりは生まれながらにみな平等であり、かけがえのない存在であるという基本的人権を尊重し、
差別や偏見のない地域社会の実現を目指します。
また、支援する人 支援される人 といった固定された価値観ではない、
一人ひとりは みな違ったすばらしさを秘めているという個人の可能性を尊重します。

「人と地域がつながる」
地域で暮らす一人ひとりの市民や自治組織、地域で福祉活動をする さまざまな団体や福祉関係機関などが、
お互いの立場や考えを理解し、尊重し、身近な地域の事をみんなで考え 行動していける
関係作りを推進します。

「だれかの課題は みんなの課題」
家族や友人といった身近な人だけでなく、同じ地域で暮らす「だれか」の課題も、
自分たちの課題として捉え、地域全体で支えあい、お互いに助け合える事が 
あたりまえになる福祉のまちづくりを目指します。


『第3次 地域福祉活動計画』の冊子がPDFファイルでアップされています。

お問い合わせ先
長岡京市総合生活支援センター
電話    075−963−5508(代表)

ファックス 075−963−5509


トップページへ

カラーページへ

メールはこちら